義両親と旦那抜きでランチに行けるようになった理由

Pocket

格上げおしゃれプランナー

パッショナリスト

島貫かずみです。

 

ゴールデンウィークも終わりましたね!

お母さん業の皆様,お疲れ様です!

 

うちは,

昔から私が子どもと二人きりで(一人っ子です)

家にこもっていると,

どうしても,

ストレスが爆発してしまうタイプなので,

もう小学4年生でだいぶ楽にはなりましたが,

それでも,

新学期前の春休みも,

家族の平和のために,

なるべくおでかけしたいと思っていました。

 

春休み初日,どころか0日目も,

早速ランチに行きました♪

 

近所ですが,ホテルランチをしたかったので,

(ビュッフェでマイパフェが作れるイベントをやっていたため…(笑))

義両親を誘いました。

はい,おごってもらう為・・・ではなく、

親孝行のためです(笑)

 

私こう見えても(?)

人見知り…ともまた違う気がするんですが,

元々シャイで,

赤の他人と話すのは緊張します。

 

義両親だから,

赤の他人というわけではないんですが,

一緒に住んでるわけじゃないし,

子どもが生まれるまではほとんど遊びに行かなかったから,

なんか,結婚2~3年経っても,

緊張する相手だったわけです。

 

しかも,嫌われちゃいけない

というところが最大の緊張ポイントだったかな。

 

嫌われちゃいけないっていうか,

嫌われたらめんどくさいというか…ね(笑)

 

そうすると,自分が出せなくなり,

余計に話せなくなりますよね…。

 

で,このときの視線,

かなりおどおどしていたと思います。

 

ほとんど

目,合わせてなかったんじゃないかな(苦笑)

 

つまり,

義両親と話すのが苦痛でした…。

 

しかし,

格上げメソッドで

相手が心地いいと感じるコミュニケーション法

を知ってからは,

自信を持って話せるようになりました。

 

私のメルマガを読んでくださっている方は

もうおわかりかもしれませんが,

両目をがっつり見ようとしていたから

緊張してしまっていたのです。

 

「片目だけ」

をやわらかい目線で

落ち着いて見るようになってからは

しっかり相手の目(片目)を見てお話できるようになりました。

 

そうすると,相手も心地いいと思ってくれ,

嫌われることなく,自分を出せるようになってきました

 

 

結婚11年目の今となっては,

旦那抜きでランチに行けるようになりました

 

みんな幸せ,めでたしめでたし。

 

こういったコミュニケーションのポイントは,

「2級講座話し方編」でお伝えしています♪

 

そして,

この続き,

ランチのテーブルで緊張しない空間管理については,

長くなってしまったので,次回お伝えします♪





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA