「上手い」話し方より「伝わる」話し方

Pocket

格上げおしゃれプランナー

パッショナリスト

島貫かずみです。

22219_34884875_211255722818073_6444007392903430144_n

 

格上げおしゃれプランナー以外に,

ファイナンシャルプランナーとしても活動しています。

12/2(日)の大阪のおこづかいゲーム会,

早割価格でのご案内は本日23:59までです!

関西の皆様お会いできるのを楽しみにしております!

 

詳しくはこちらから(私のブログに飛びます)

https://ameblo.jp/hello-hafaadai/entry-12410944087.html

 

 

さて,今日のメルマガです。

 

引き続きマネー教育の話になってしまいますが,

来週,茨城の小学校で講演をします。

 

学年ごとの講演はやったことがありますが,

全校生徒の前は初めてなので,

緊張しています!

 

で,今練習というか,話す内容を考えながらリハーサルしているんですが,

まだ話す内容がしっかりと自分の伝えたい想いと重なっていないので,

ただの棒読みになってしまうところがあります…。

 

そんな所は,きっとぜーんぜん伝わらないんですよね…。

 

自分で考えた講演内容なので,「想い」はしっかりあるはずなんですが…

どちらかというと,言わされてる感満載というような感じに聞こえてしまいます(笑)

 

同じ内容でも,

しっかり自分の言葉として,

「想い」を乗せてしゃべると,

「伝わる」話し方ができます。

 

それにはやはり

「自分の言葉」

っていうのが大事。

例えば,

「金銭教育が大事です!」

って声を大にして言っても,ぜんぜん響かない。

 

自分のこんな経験があって,

こんな人を救いたくて!とか,

そういう想いを乗せて話すと,

まず,こっちが熱くなる。楽しくなる。

 

つまらなそーに話している人の話は,

どう考えてもつまらないですよね。

 

私は,

未だに人前で話すのが「上手い」とは言えないです。

 

ダミ声になりがちだし(笑)アナウンサーみたいにきれいに話せない。

 

ボイトレとかも少し教えてもらったけど,

1日2日じゃやっぱりキレイに話すのは難しい。

 

でも,格上げメソッドを知って,

「伝わる」話し方はできるようになってきたかな,と感じています。

 

「視線」や「ジェスチャー」ももちろん大事なんですが,

2級話し方編でやる褒め言葉ワーク。

 

本で読んだ言葉ではなく,

「自分の内側から出てきた言葉」

というのが大切。

 

「心に響く言葉」

「次の日に思い出してニヤニヤしてくれる言葉」

 

そんな言葉をプレゼントできたらいいですよね。

話がそれましたが,

せっかく小学生に伝えるチャンスなので,

精一杯自分の言葉で伝えられるように頑張りたいと思います!

 

格上げメソッドを最大限に駆使して頑張ってきます(笑)

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA