怖そうって言われます

Pocket

「怖そうって言われます。」

格上げおしゃれプランナー

パッショナリスト
島貫かずみです。

冒頭お伝えしたセリフ。

講座や体験会でお聞きする、

「あなたの印象はどんな印象だと思いますか?」

こんな質問に対する答えなんです。

あなたなら 何と答えますか?

「○○って言われます。」

「○○と思ったけど、実は○○なんですねって言われます。」

と、答えるだろうなと思ったら、
ちょっとだけ考えてみて欲しいんです。

「あなたの印象」と聞かれているのに、
その答えが
他人から言われている言葉であること。

自分のことなのに、

他人から言われた言葉によって印象を決めてしまっていること。

もしも、

あなたが

こんな答え方をしているなら、

とてももったいないなって
思うんですよね。

なぜなら、自分では他人に

「こう思われたい」とか、
「本当はそんな人じゃないのに。」

という思いがあるかもしれないのに、
他人から言われた言葉で
自分の印象は

『〇〇な人』って決めてしまっているからです。

じゃあ、
何で

あなたが

他人から自分が思っている本来の自分と違う印象を与えてしまっているかというと・・・

それは、

あなたの

癖が原因かもしれません。

ファッションを選ぶ時の癖
言葉の選択の癖
話し方の癖

そう。

この「自分の癖」を知ることが、

大切なんですね。

ただ単純に「自分の癖」
つまり「習慣」を知れば良いのですね。

それが出来るようになると、
他人から言われたことも
気にすることなく、

『こう見られたい」

『なりたい自分』を、

自分で印象をコントロールすることが
出来るようになります。

自分で印象をコントロール?

例えば、
子供とのお出かけ、
お客様と会う日
大切な行事

その時、会う人や
出会う人に合わせて

自分でファッションを選び、
その人、一人一人に合った
話し方ができるようになることです。

印象を変えていくことって、
難しいことではないのかもしれませんね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA